長野飯山の建築設計 松村デザイン建築事務所

tel:0269-85-2493
facebook blog
HOME > スタッフブログTOP

Blogスタッフブログ

築200年の古民家リフォームが間もなく完成します。

2011年10月1日 10時~16時

希望者限定で完成内覧会を実施致します。

興味ある方は、電話かE-Mailで申込み下さい。

ご無沙汰しております。

先日、M-HOUSEが上棟し、上棟式を行いました

おめでとうございます!

 

設計開始からおよそ9ヶ月です。

M様とは密なお打ち合せの中で、居住環境・耐震・利便性を重視した計画として、

今の時代に合う永く良い環境の家(暖かく・涼しい・ほこりが溜まりにくい・効率のよい空気循環)を

ご選択されたと思います。

形ができてきてスタッフも完成を楽しみにしております。

これから、数ヶ月再度気を引き締めたいと思います。

  

弊社ではここ数年、社内会議でいろいろな件に取り組んで来ましたが、

やっぱりSW工法の家を重要視し、改めて良い家だと言うことを実感しております。

今の時代、年金問題や住宅ローンの組み方で老後をいかに余裕をもって生活が出来るかという点が、

注目されています。

弊社としても、オーナー様が末永く良い環境の家で生活できるようなライフプラン・家造りをスタッフ一同で研究しております。

  

ここでお知らせです。

9月下旬に完成する予定の古民家再生住宅のご希望者のみの見学会を実施致します。詳細は近日UP致しますが、

興味のある方は弊社まで、ご連絡下さい。希少な物件であるので是非、ご参加下さい。

それから、M様邸構造見学会を10月中旬に実施致します。

構造体の段階ですのでSW工法(スーパーウォール)の性能を間近で体感できる機会を設けさせて頂きました。

SW工法、高気密・工断熱・高耐震、また当社の現場施工を覧て頂く良い機会だと思っております。

こちらも、詳細は後日UP致しますがご興味のある方、間近で家造りを見たい方は是非ご参加下さい。

 

前回から少し時間が空いてしまいましたが、

進捗状況レポートします。

1階RC部分の型枠が組み始めました。

壁の鉄筋が組みの様子です。

2階スラブの型枠ができました。

梁鉄筋が組まれてから、スラブ鉄筋も組み終わりました。

さあ次回はいよいよコンクリート打ちになります。

乞うご期待。

古民家リホームのその後です。

外壁が張り終わり下見板の塗装をしました。

内装の方は、床材を張り始めました。

2階のプレイルーム床には温かみのある無垢材を使用しています。

だいぶ形が出来上がってきました。

また次回お楽しみにー。

今日は基礎鉄筋の配筋が構造図通り施工されているかチェックにいってきました。

間隔、使ってる鉄筋の径など厳しく見てきました 😡

鉄筋屋さん頑張ってくれていましたー :-)

いよいよ、M様邸新築工事が始りました。

土工事の様子です。

そして建物の墨出しをしました。

来週には基礎工事が行われます。

随時、工事レポートを致します。

野沢温泉村のクアハウス跡地に新たに、外湯が建設されます。

その設計と管理をやらせていただいてます。

有料施設になりますが、今までの外湯の欠点を補った施設になります。

シャワー施設が完備され、熱湯と適温に温度管理されたかけ流しのぬる湯

そして露天風呂が計画されています。

年内完成に向けて基礎工事が開始され、鉄筋検査に行ってきました。

その様子です。

一週間後ここまで進みました。

完成が楽しみです。

築200年の古民家のリフォーム工事の続き

屋根の葺き替え工事をしました。

外壁に構造用合板を張り、防水シートの上から下見板を張り始めました。

内部は壁、天井の下地工事が進んできました。

梅雨明けし、いよいよ夏本番到来しました。

大工さんも暑いなか頑張って作業してくれています。

6月頭あたりから、約築200年ほど古民家のリフォーム工事をやらさせて頂いています。

その工事の様子を少しご紹介します。

工事前

まだ雪がある冬に現場調査に行った時の写真です。

春になりましたー。いよいよ工事開始。

解体作業の様子です。

歴史を物語る立派な骨組み、ダイナミックな梁が姿を現しました。

解体し始めました。

整理されすっきりしました。

古民家の味を生かしたリフォームをと考えております。

また現場リポート致しますので楽しみにお待ちあれー。


ご無沙汰しております。

先日、長野SW会議IN松本に参加してきました。

今回の議題として、震災後の電気に関しての考え方や各メーカーがエコ住宅の研究、ご提案を

急激に増している状況です。

我社の協力メーカーであるトステム改めLIXILでもSWゼロエミッションモデル住宅

東京大学と協同でで研究中との事で、報告がありました。

内容としては、国自体が数年後、数十年後を見越しての省エネ住宅の浸透に力を注いでおります。

簡単に言うと、建物(断熱・ガラス)の性能を上げて冷暖房費コストを落としていく考えです。

又、付属設備として太陽光発電や、エコキュート、エコジョーズなどのコージェネレーション熱源機、

LED照明やDCモータ付き換気(省電力で動くモーター)など建物の各部分での検討事項がありました。

計画段階からも、通風を考慮したプランや外構部分の植栽計画に関しても課題が上がってきております。

弊社としても地域にあった住宅に関する独自のエコ住宅について、改めて社内会議で検討していく事を

スタッフで話し合いました。

今後も、お世話になっているお施主様、OB様にも状況に応じたBESTなご提案が出来きるように頑張りたいと思います。

 

写真はSW会議の様子です。

カテゴリー

アーカイブ

オープンオフィス

リフォームを検討されている方、マンション購入か一戸建てを迷っている方など建築相談を行っています。

詳しくはこちら