長野飯山の建築設計 松村デザイン建築事務所

tel:0269-85-2493
facebook blog
HOME > スタッフブログTOP > 整理収納についての考え方【第四弾】

スタッフブログ

整理収納についての考え方【第四弾】

2021.02.26

こんにちは!今回は「整理収納の5つの鉄則」の①〜②ついてお話しします。

これを実践すれば、スッキリとした空間で気持ちよく暮らせます。

 

【鉄則①】 適正量の決定

適正量とは・・・自分のまたは家族のライフスタイルから

持つべきモノの量を定めること

 

●アイテムごとに分けて全体量を把握し適量にしぼる

スカート/ズボン/シャツ/色別/丈別/素材別etc…

分けてみると同じようなものがたくさん出てきたりします。

よく使うものだけ残して処分しましょう。

 

●収納スペースから適正量を決める

クローゼットに入れるハンガーの数を決めておき、

新しいモノを買った時は古いモノを捨てるようにしてモノを増やさないようにする。

ハンガーを増やすのはダメですよ!

 

写真 2020-06-19 13 50 06

 

このお家の施工事例を見る↓↓

https://www.mkd-house.com/works/building/8510/

 

●時間軸の方法を使って、使用頻度の少ないモノから処分対象にする

(本棚など)雑誌やCDなど使ったモノや買ったモノは右側からしまっていくことで、

使ってないモノが左側に集まってくるので処分対象にする。

まずは、本棚を整理。雑誌/文庫/漫画など種類によって棚の段を分けましょう。

 

【鉄則②】 動作・動線にかなった収納

●身体サイズに合わせて棚板へ

家族で使う収納の場合、身長の大きい人から高い棚を使うようにしましょう。

(例えば靴箱や洋服の入っている衣装ケースなど)

使用頻度の高いモノほどアクション数を減らすことが大切です。

アクション数を減らすと収納が苦ではなくなります。

 

●身支度場所に収納する

通勤用、学校で使う服などは1カ所にまとめておきましょう。

下着やパジャマはお風呂の近くに収納しておく。

弊社のサンルームはこの鉄則を意識して

お風呂・脱衣所(洗濯機)・サンルーム・ファミリークローゼットを

横並び(隣接)にしています。

写真 2020-04-20 12 23 41

このお家の施工事例を見る↓↓

https://www.mkd-house.com/works/building/8213/

 

写真 2019-04-15 15 53 56

 

このお家の施工事例を見る↓↓

https://www.mkd-house.com/works/building/7653/

 

参考になりましたでしょうか?

次回は整理収納の鉄則③〜⑤までご紹介いたします!

 

カテゴリー

アーカイブ

オープンオフィス

リフォームを検討されている方、マンション購入か一戸建てを迷っている方など建築相談を行っています。

詳しくはこちら